柿渋による染色

今回の展示では、そうした柿渋を様々な色材と掛け合わせて生じる表現の研究成果を中心とした展示発表を行います そのほか京都の染色工房と共に進めている柿渋を用いたプリントテキスタイルの開発や、鉄錆や藍等の天然染料と掛け合わせた引染布、合成染料と掛け合わせた表現など、様々な取り組みを通して現代の暮らしを彩る新しい柿渋のあり方を探求する試みをご覧頂ければ幸いです   Aya Yamanaka