柿渋色

柿渋色(かきしぶいろ)とは、灰がかった黄赤色で、未成熟のカキの実をしぼって作られます。 歌舞伎役者の一門、市川家がよく用いた色であるところから、成田屋の茶色をさし「団十郎茶」とも呼ばれます。 江戸時代の流行色の一つで、当時「柿色」と呼ばれましたが、これは「柿渋色」を略したもの。歌舞伎舞台に設けられている引き幕「定式幕じょうしきまく」は萌葱もえぎ色、柿色、黒の3色。