西



沿











西























E
N
G
L
I
S
H

よもやま話

柿しぶにまつわる色々なエピソードです

さけ
岐阜県高山市-桶- 建築材にベンガラ 一閑張りと一貫張り
さまざまな媒染料 古老柿(ころがき) 京都府立山城郷土資料館
シックハウス 2Lでどれだけ塗れる デザオ建設わたしの家自慢
食と農のかけ橋-日本農業新聞 京都新聞木林学 マンション無添加化
柿 「柿渋が酒の清澄剤に使われるようになった経緯について」
酒屋はかつて、柿渋で酒を搾るための酒袋を染めたり、木おけにも塗ったりするなど、柿渋にはなじみがあったという。
きつい労働を強いられたある杜氏(とうじ)が、その腹いせに柿渋を酒の中に入れて帰ったところ、意外にも酒がきれいになっていたという。
そんな偶然から柿渋が使われるようになったと言い伝えられている。
日本農業新聞より

とっぷぺーじへ