-----柿渋染め-----

-帽子と壁掛けとバッグ-

1.帽子リバーシブル表 左は型染めした布を帽子に。裁断で工夫する。

右は裏に柄物をもってくるので柿渋無地。柿渋対水は1対2

2.帽子リバーシブル裏 上の表の裏面。柿渋で染めると布を硬くするので帽子に芯がいらない。

柿渋の自然な色は柄にも合う。

3.壁掛け 後ろが透ける和室にも合う。日が透けた感じがいい。

麻を型染めで柿渋対水は1対2で染め、周りは紅柄を少しまぜた。

4.バッグ 上と同じ型を使って染めたバッグ。

筒型のバッグは縫製が楽で持ちやすい。底の部分は丈夫に 仕上げる。

5.手提げバッグ 布を染めたあと型の中を紅柄で描く。

バッグの寸法をかえるとかわいいものになる。両バッグとも 柿渋対水は1対2。

-筒描きの糊入れとバッグ4点-

1.筒描きの糊入れ 何度も何度も和紙の上から渋をかけたもの。渋だけの光沢。

先には金具、濡らして柔らかくし糊をいれる。着物のデザイン時に使われる。

2.ショルダー シーツほどの大きさの布に間隔をあけて輪ゴムで絞る。

つくりこんだモノもいいが自然の絞りも渋にあう。

3.ショルダー アニメキャラを型に掘り格子状に配置。

つりを残して染めたがつりをとってもいい。

4.ショルダー 真中に柄がくるように裁断。バックル部分にも柄をあわせる。

布の裁断で出来上がりが異なる。染める段階で仕上がりを考えると無駄がない。

5.手提げバッグ ヒモ部分も渋染めでつくるとまた落ち着く。

柿渋を濃く染めるとカチッと仕上がる。

1.手提げバッグ 布は麻生平を使用。1対2で染める。紅柄でその上に円を描き再度柿渋でとめる。
2.ショルダーバッグ 20cm角の型を向きをかえて糊置き。糊の乾きに時差ができるがしっかり乾かす。
3.ショルダーバッグ 幅広い渋染の布をつくっておくと裏地やヒモに使える。

幅広い渋染の布は地入れからムラにならぬようにする。

4.バッグ 筒染めで糊をおく。

糊をおき乾かぬまでにまき粉をしながら続ける。

5.バッグ 上の続き。しっかり糊を乾かしてから干さないと

糊がたれる。

-帽子と壁掛け-

1.帽子 麻布を使用。1対2で染める。内側もバッグとおそろいの花柄布でリバーシブル。

2.テーブルセンター 糊をおとす前に紅柄と松煙を半々に。

3.壁掛け--蔦-- 青花ペンで型糊をおく長方形をしるす。 松煙で囲むと和風になる。

4.壁掛け--幾何模様-- 等分に型糊が置けるように高さと幅を計る。

-スリッパと木材-

1.スリッパロゴ

糊を落とす際に無理しない。最後に生地を強く絞らないこと。

2.スリッパ柄 均一に丁寧に染める糊をおく前に4倍ほど薄めた渋を塗っておくと肌色の柄となる。

3.花図柄の壁掛け 糊をおく部分に色付する。型を彫る時に貫くパーツ残すパーツを考える。吊りをつける。

4.アドレスブック

平面なので作業はしやすい。実用になるのはうれしい。

5.素麺の木箱 周りに葉の図柄を松煙と弁柄で色付け。

柿渋原液で中と外を塗る。箱なので良く乾かしにおいをとる。

内側の木目が柿渋塗布後、浮き立つ。

6.洋風インテリア 最初に薄く柿渋を塗りその後上と同じ図柄を。

柿渋をよく乾かしてから弁柄や松煙を塗らないと滲む。

-木材小物-

1.型染め壁掛け 鳥の絵柄を型染めして、木に糊おきし、糊をとる前に弁柄と松煙を部分的にすりつけた。

柿渋原液3回塗り。材質輸入木材、広葉樹。木肌がやわらかく、すぐ柿渋の色が濃くでる。

ものにより反り返りがきついものがある。急に温度を上げて乾かしたりするのは要注意。

壁掛けならいいが、お盆やコースターでは実用にたえねばならず矯正が必要。

2.小物入れ 色の出にくい材質。輸入木材、針葉樹。

3回以上柿渋原液で塗っているのに1回塗りとほとんどかわらない。

3.コースター 柿渋原液4回塗り

型の細い線をより白く浮き立たせたかったので弁柄と松煙を中に入れる。

4.なべ敷 季節柄クリスマスを絵柄にする。柿渋原液3回塗り

柿渋を塗ることで木の年輪が浮き立つ。

自然の年輪は柿渋を塗るだけで作品となる。

5.木皿 柿渋原液4回塗り

木目のきれいな木皿に弁柄と松煙を塗ったもの。

表面がツルツルしていて絵柄を書きやすい。実用にも鑑賞用にも。

その他のページ 40 30 20 

おもどりやす